幸区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(幸区)―

杉山 博輝 院長/さいわい動物病院(川崎駅・犬)の院長紹介ページ

杉山 博輝 院長

SUGIYAMA HIROKI

飼い主さんに寄り添い、気軽に通える動物病院を目指す

大学卒業後、勤務医として幅広い症例を経験。5年間の修行期間を経て『さいわい動物病院』を開業。

杉山 博輝 院長

杉山 博輝 院長

さいわい動物病院

幸区/中幸町/川崎駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●ハムスター
  • ●フェレット

愛犬を救った獣医師の姿に憧れ、獣医師の道へ

杉山 博輝 院長

私が高校2年生のときに実家で初めて犬を飼ったのですが、飼い始めてすぐに病気にかかってしまい、急いで動物病院に連れて行きました。致死率の高い病気でしたが、動物病院の先生が素早く、適切な処置をしてくださったお陰で元気になって戻ってきたんです。そのときの先生の姿に感銘を受け、私も獣医師を志すようになりました。
実を言えば、小さい頃はあまり犬が好きではありませんでした。追いかけられたことがトラウマとなって、犬は怖いものだと思っていましたから、まさか自分がこの職業を目指すとは思っていなかったですね。

街のかかりつけ医のような存在でありたい

杉山 博輝 院長

大学を卒業してからしばらくは横浜の病院に勤め、基本的な診療方法や手術の基礎を学びました。その後、千葉の病院に勤務し、多くの症例に触れ、手術の技術を磨くことができました。そこで得た技術や知識が今でも私の大きな財産となっています。
開業したのは2006年です。『さいわい動物病院』は、「川崎駅」から歩いて10分ほどの住宅街の中にあります。 実は、物件を探し始めて最初に紹介していただいた場所がここでした。出身は横浜なので、隣接する川崎に馴染みがあったのもあるかもしれません。不思議な縁を感じ、すぐにこの場所に心を決めることができました。川崎の患者さんはもちろん、ご紹介で都内から来てくださる方もいらっしゃいます。
私たちの役割は、ペットと飼い主さんのそれぞれの事情をきちんと理解し、個々のケースに応じて最適な選択肢を提示できることだと思っています。大切なペットに何かあった際には、いつでも駆けつけていただけるよう、地域に根付いた「街のかかりつけ医」のような動物病院でありたいと考えています。

飼い主さんと二人三脚での治療

杉山 博輝 院長

当院では、どのような症状にも対応できるような環境が整っています。内視鏡や最新機器を導入しているので、安心して治療を受けていただけると考えています。診察室にもこだわりがあり、犬用と猫用で分けているんです。扉に犬と猫の模様のガラスをかたどり、一目でわかるようになっています。犬用のほうは広いつくりになっているので、大型犬でも快適に治療にのぞんでいただけます。
診察をするにあたって意識しているのはまず、飼い主さんの話をしっかりと聞くこと。動物病院での診療は、動物・飼い主さん・獣医師の三者のコミュニケーションによって成り立っているものです。動物の病気は、獣医師だけでは治すことはできません。動物たちが言葉にできない分、元気になってほしいと願う飼い主さんと私たち獣医師が、十分に連携を取ることが大切なのです。 ペットの状態をよりよく理解しているのはいつも一緒にいる飼い主の方だと思いますので、治療には飼い主さんの協力が非常に重要になります。飼い主さんが把握されているペットの状態や、日頃生活の状況などについて、詳しく共有させていただくことが第一歩だと私は考えています。
私たちはペットだけでなく、飼い主さんにも丁寧に接することも心がけています。飼い主さんが抱えているお悩みを取り除き、ポジティブになれるように努めています。当院では、診療時間外であってもできる限りの受け入れを行っています。現在では、夜間診療を行う動物病院も増えてきています。それでもペットに健康状態の変化があった際には、いつものなじみのあるかかりつけ医に診てもらうのが一番安心できますよね。個人のクリニックということで限界はありますが、可能な限り取り組んでいきたいと思っています。

初心を忘れず、これまで通りの診療を

最初の患者さんは、やはり印象に残っていますね。ウェルシュコーギーのワクチン接種でいらした飼い主さんでした。大変緊張していましたが、診察後には「ありがとうございました」というお言葉をいただくことができました。ペットだけでなく、飼い主の方の助けにもなれると身に染みて感じた瞬間でした。いつまでもその初心を忘れることなく、これからも今まで通り、診療していきたいと思っています。クリニックの規模を大きくしようとするのではなく、私自身が目の届く範囲でしっかりと、地に足をつけて、来院される方一人ひとりに向き合っていきたいです。
また、高度化する獣医療の進歩に適応していくため、常に技能と知識、機器を更新し続けることも必要不可欠になります。近年、治療方法の飛躍は目覚ましく、数年前と同じ治療をしないほうがいいという場合も多数存在するのです。加えて、数十年前には考えられなかったような症例にも対応しながら、飼い主さんの良き相談相手になれるようにしっかりと信頼関係を築いていきたいです。 常に飼い主さんの気持ちに寄り添って、治療を進めて行けたらと思っています。

これから受診される患者さんへ

動物病院は入りにくい、ハードルが高い、どのようなところだろうと感じている方もいらっしゃるかと思いますが、まずはお気軽にご相談いただきたいと考えています。もちろん、どんな些細なことでもかまいません。飼い主さんはペットの健康状態や日々の接し方、費用面などで心配事や悩み事が多くあるかと思います。そんな不安を払拭できるように、わかりやすくきちんとご理解、ご納得いただけるまで丁寧に説明させていただきます。
また、定期的な健康診断も非常に重要です。基礎となるデータがあれば、比較することで容易に変化をとらえることもできますし、健康なときにも検査をする意味があるのです。体調の変化の前に来ていただくことで、事前に気づけるケースも少なくありません。来院された飼い主の皆様のご希望に応えられるよう、精一杯のサポートをさせていただきます。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

杉山 博輝 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:野球観戦
  • 好きな言葉・座右の銘:初心
  • 好きな音楽・アーティスト:コブクロ、平井堅
  • 好きな場所・観光地:沖縄

グラフで見る『杉山 博輝 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート