幸区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(幸区)―

塩谷 和則 院長/シオヤ歯科医院(尻手駅・歯科)の院長紹介ページ

塩谷 和則 院長

KAZUNORI SHIOYA

小児歯科から矯正、インプラント治療まで
専門のドクターによる最新治療と体全体に配慮した診療を

日本歯科大学卒業後、大学での診療をおこなう。医局長としての診療のほか、警視庁への出向も経験。診療の傍ら衛生士学校での講師も務める。1984年、シオヤ歯科医院を開院(JR南武線尻手駅より徒歩0分)。

塩谷 和則 院長

塩谷 和則 院長

シオヤ歯科医院

幸区/南幸町/尻手駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

大学3年の時、工学科から歯科医師の道へと転身を決意

塩谷 和則 院長

もともと私は大学の管理工学科で、当時としては珍しいコンピューター関係について学んでいました。大学時代、家庭教師として教えていたお子さんの親御さんが歯科医師でした。大学3年の時でしたが、こういった人のためになる職業もあるのか…と興味を持ち、祖母の勧めもあり、考えた末に転身を決意。歯科大学で学ぶことにしました。それまで私の家は教育者や研究者が多い家系で、医師は1人もいませんでしたが、いとこや弟やその子ども、私の妻など周囲に数名近くの医師・歯科医師がいます。
大学卒業後は、大学での診療を開始。当時お世話になっていた教授に、医局長にと抜擢いただいたこともあり、多くの診療経験を積むことができました。また、警視庁への出向や、診療と並行して衛生士学校の講師もしていましたので、忙しいながらも充実した日々を送れていたと思いますね。
そんな折、家庭の事情により急きょ開業することが必要になりました。1984年、シオヤ歯科医院を開院(JR南武線尻手駅より徒歩0分)。実は川崎は私が生まれた街でもあります。首都圏でピックアップした何か所かの候補地の中から何気なく選んだのが川崎だったのですが、なんだか不思議な縁を感じますね。

人生を変えた1人の患者さんとの出会い

塩谷 和則 院長

当院の治療の基本路線は「自分がしてもらいたい治療をしよう」ということです。毎年医院の治療目標を立てますが、この基本路線だけは変わりません。こう考える転機になったのは、1人の患者さんへの治療がきっかけです。
開業してすぐにいらした女性の患者さんなのですが、全部の歯を治療し、治療終了まで2年程通っていただきました。その方は小さい頃からずっと歯医者に通っていて、いつも口の中がしっくり来ていなかったそうなんです。最後の治療が完了した日、その方から泣きながらこうお礼を言われました。
「いつも私は、歯が壊れるんじゃないかと気が気でなく、食事がちっともおいしくなかったんです。
ところがこちらで治療をはじめてみると、少しずつきちんと噛めるようになり、体もしゃきっとするようになってきました。途中から本当にご飯がおいしく食べられるようになって、今ではお口の中がしっかりとして、健康をとり戻したと実感しています。」
その言葉を聞いた時、「あ…歯科医師は私の天職なのかもしれないな」と感じました。自分のポリシーがその人に通じて、そして喜んでもらえる。こんな仕事は他にはないなと感じ、この道を極めたいなと思いましたね。
また、その後何年か経ってその方が別の病気で入院した時に、お見舞いに行く機会がありました。その方は同室の患者さん達に「この人がいつも話している先生よ。人生を変えた治療をしてくれたのよ」と私をご紹介してくださいました。その時も本当に歯医者をやっていてよかったと思いました。今でも思い出すこの体験が、私がこの仕事に取り組む原点になっています。

専門医・プロフェッショナルが集まった歯科治療

塩谷 和則 院長

当院は虫歯や歯周病などの一般歯科治療から、矯正、インプラントまで幅広い治療に対応しています。
治療の大きな特徴は専門性の高いスタッフが集まり、協力して診療をおこなっていることです。現在27名のスタッフがおり、内10名がドクターなのですが、麻酔科、口腔外科、歯周病治療、小児歯科、矯正治療など各分野の専門のドクターばかりです。もちろん専門に手掛けているというだけでなく、専門分野のライセンスを持っています。また、歯科衛生士もインプラント学会の資格を持つなど専門性が高いスタッフばかりです。
診療後には、各ドクターがミーティングをおこない、患者さんの症例についてディスカッションをする機会も設けています。そして、分からないことがあるときは、ほかのドクターの意見も参考にしながら治療を進めます。インプラント一つとっても1500症例、5000本位の実績がありますが、インプラント治療も、あくまでもさまざまな選択肢の一つと考えています。お子さんからご高齢の方まで、幅広い症例を専門的に診療できるのが当院の強みです。また、長く務めるスタッフも多いので、長く安心して通っていただける環境なのも特徴です。治療後もメンテナンスのため10年20年、長い方では30年ずっと通われる方もたくさんいらっしゃいますよ。現在では周辺の地域の方はもちろん、石垣島や盛岡など遠方から来ていただく方もいいらっしゃいます。開院して今年で34年になりますが、急な開院でしたので、最初は手探りで学びつつおこなっていました。最初の年の瀬に、一日に診る患者さんが100人を超えた時には、医師として地域の方々に迎えられた気がして、とても感慨深く感じましたね。今後も特定の治療だけに特化するのではなく、幅広く専門医が診察する歯科医院でありたいと考えています。

口にかかる力のバランスを重視、全身まで考慮して本質的な治療をおこなう

当院の治療のもう一つの柱が、口にかかるさまざまな「力」に注目した診療です。口の中でどういう力がどの方向に、どれ位の時間働いていたかを見ていきます。それにより変化する口の中の状況を推察して治療しています。
例えば以前見えた患者さんは、一部分の歯が壊れてなくなってしまっていました。インプラントなど代わりの歯を入れる治療も大切ですが、それ以上に大切なのは、もともと何故その部分が壊れてしまったのかを知ることです。調べてみるとその患者さんは右足に加重する癖があったので、バランスを取るために顎の噛み合わせがずれてしまっていることが分かりました。歯の疾患では、体のずれや歪みが原因になることも多く、それをチェックして治していかないと本当の意味の歯科治療にはなりません。歯は体の一部でもあるので、口の中には体の色々な不調和が表れてくるんです。当院ではそうした不調を見のがさずに治していくこと、口の中から体全体を診る診療をしています。
また、姿勢や歩き方の影響で骨盤がズレてしまうことで背骨が歪み、結果として前歯のかみ合わせへと影響が出てきます。その場合必要なのは、噛み合わせが悪くなった歯を削ることではなく、骨盤を立たせることです。体を正しい位置に戻してあげないと、噛み合わせや顎関節症などは治らないんです。
なぜ、こうした勉強を始めたかというと、歯科の症例の中には口やあごの範囲を調整してもなかなか良くならない症例も数多くあると気付いたからです。体の歪みを治すためには姿勢を正して歩くことが一番大切ですが、歩き方も姿勢や靴ひもの結び方など、ちょっとしたコツがいくつもあります。当院ではお口の症状によっては体のバランスや歩き方を拝見した上で、食事や生活習慣、歩き方やエクササイズ、サプリメントなどについてのアドバイスもおこなっています。骨盤や体のずれは生活習慣の変化や年齢で急に起きることもあります。当院にみえる患者さんの中にも、噛み合わせが急に悪くなったという高齢の方が、実は急にジムで運動を始めたなど生活習慣が変化していたこともありました。歯が崩壊したり、顎の関節が痛くなるといった症状には、単なる対症療法ではなく、本質的なところから治さないと病気は治らないんだな…と思いますね。骨盤や体の歪みに気付かずに生活して、歯に影響が出ている方も数多くいらっしゃいます。歯科医師もそうした体全体のことを学ばなければいけないと思いますね。患者さんの口内環境だけでなく、全身の健康管理のお役にも立てればと思います。

これから受診される患者さんへ

口の中は健康のバロメーターでもあります。がんの初期症状が見つかることも多く、口内炎と思っていたのが初期のがんだったというケースもあります。当院でも今まで十数人の方の初期がんを発見しています。また、治療を診させて頂いた時に100歳までの人生を意識した予知性の治療を一人一人の患者さんに合わせて行っています。先ほどの体の歪みのこともそうですが、患者さんの健康維持のために歯科医師のおこなうべきことはまだまだたくさんあると思っています。当院では患者さんの健康を守る、という観点からさまざまな検査やお話をしており、私自身整形外科や整体師など、さまざまな医療関係者が集まる勉強会などに参加して学んでいます。
お口の中の痛みや不具合はもちろんですが、長年歯科治療をされていて、なかなか症状が良くならない、どうも体の具合が良くないといった症状でもご相談ください。最近急に噛み合わせや歯の具合が悪くなった…という場合も要注意です。患者さんとよくお話をしながら、情報を共有してやっていきたいと考えています。当院は尻手駅目の前、土曜も診療しており、インターネットや電話でのお問い合わせも可能です。歯やお口のことで気になることがあれば、まずは気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

塩谷 和則 院長 MEMO

  • 出身地:川崎
  • 趣味・特技:スポーツ(ゴルフ)、陶芸
  • 好きな本・作家:土と内臓
  • 好きな映画:リメンバーミー
  • 好きな言葉・座右の銘:優しさ
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック
  • 好きな場所・観光地:人がいない場所

グラフで見る『塩谷 和則 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート